芦ノ牧温泉旅行記<後編>

社員旅行二日目。

部屋のメンバーは、みな直帰コースもしくは酒蔵・ワイン工場・会津城見学コースであり、出発が早いため、早々に起きて昨夜行けなかった空中露天風呂へ。

オイラは出発が一時間遅いお座敷トロッコ電車・吊り橋コースだったので、ちょっとゆったり寝ていようと思っていたが、彼等がサッカー日本代表の試合を見始めたため、5時ごろ一緒に起こされる羽目に。(ToT)

空中露天風呂にはエレベータで地下2階へと降り、さらに階段で降りてゆく。

20080907_1
川に突き出したところに露天風呂があるので、空中と題しているのだろうけど。。。
洗い場がないのが玉に瑕。
数名はまた大浴場へと移動してた。w

さて、お座敷トロッコ電車とは、会津鉄道の期間限定の電車でその名の通り、お座敷車両とトロッコ車両からなる情緒あるローカル電車のことで、すっかり座敷でどんちゃん騒ぎでもするのかと思ってコース選択したが。
20080907_2
真ん中の車両。つまりトロッコ車両に乗り込んでしまったゆえ。
寒くてそれどころではなく。
いささかTDLのウェスタンリバー鉄道のようだ。
それでもトンネルをくぐる際には、照明が全て消え、天井の電飾がまるでプラネタリウムのようになり。
車内拍手喝さい(笑)。
そして、ところどころ、駅でもない絶景ポイントで停車してくれて、写真撮影ポイントですよー、なんて車内アナウンスが流れ。
20080907_3

20080907_4

20080907_5

20080907_6

20080907_7
これは面白い演出だと思った。
こと子供には面白いだろうな。

以前よく行っていた南郷スキー場近辺をゆったりと走る電車を、会津田島駅で下車し、そこからは塩原方面へとバスで移動。
ここも南郷の帰りに通っていた道ですんごく懐かしく思えた。

塩原街道沿いの林檎庵というところで昼食を取り、最後の観光スポット「もみじ谷大吊橋」へ。
20080907_8
総工費5億8000万円の全長320mのまさに大きな吊り橋で。
九州のほうにできた吊り橋の前までは日本一の長さを誇っていたそうな。
交通料300円(団体割引で270円だった)を払い、向こう岸まで行くのだが、水面からの高さ80mと、途中のものすごい揺れでかなり足が竦むけど爽快感があったなぁ。
(本人相当ビビっていたのは誰にも気付かれなかったであろうw)
20080907_9
先輩とともに記念撮影。

帰りはまた黒磯駅から上野駅までの団体貸切でのんびり帰ってきた。

くったくただけど楽しかったなぁ。
会津ってほんと南郷スキー場に行く最中に通っていただけでほっとんど観光したこと無かったから発見の連続だった。
いつか子供を連れてトロッコ電車にまた乗りたい。

| | コメント (0)

芦ノ牧温泉旅行記<前編>

社員旅行に行ってきた。
今年の行き先は、福島県の会津地方の温泉地、芦ノ牧温泉。
20080906_1

上野から栃木県黒磯駅までJRで行き、そこからまずはチーズガーデンというところで昼食。
20080906_2
その後、トリックアート迷宮?館へ。
アイスクリーム作り体験コース、ソーセージ作り体験コースとあったが、あまり考えずにこのコースにした。
が、なかなか見応えがあって面白かったな。

そして宿に入る前にもう一つ。
「塔のへつり」という絶景観光スポットへ。
20080906_3
へつりというのは「断崖絶壁」という意味らしい。
つり橋を渡って、いざ崖の上に。
20080906_4_3 
(さてオイラはどこでしょう。。。)

20080906_5
自然の風化や侵食で岩が削られたような形を成している。

20080906_6
逆から見るとこんな感じ。

川の流れはゆるやかであるが、いささかスリリング。
雨が降ってきたのでそそくさと戻ってきて、宿へと向かう。

今宵の宿泊は、「大川荘」という芦ノ牧温泉では歴史のある老舗旅館。
20080906_7
浮舞台での三味線演奏や、毎晩行なわれる餅つき大会など。
川に面したなんとも長閑で風情のある旅館である。

宴会の前に一風呂浴びようと、段々畑のような露天風呂がある大浴場へと。
おっ、打たせ湯あるじゃんと意気揚々に外に出たら、なんとゲリラ豪雨のごとく大雨の露天風呂。
まぁせっかくだしと。
大雨に打たれながらの入浴。
頭が風邪引きそう。。。(笑)

宴会ではいつものごとく新人芸、抽選会と料理のおもてなし。
20080906_8
抽選会ももちろん何も当たらず。

部屋に戻って買い込んでいた酒とともに2次会。
みんなお疲れモードで24時前にはばたんきゅ~なところ。
誰かの鶴の一声で、ラーメンを食べに行くことに。
20080906_9
(麺レポは特になしだが、激ウマだった。酔っ払った後だったからかなw)

25時。
今度こそばたんきゅ~。Zzz...

二日目に続く。

| | コメント (0)

山中湖旅行記2008<後編>

山中湖旅行二日目。
今日はすこぶる快晴。
↓山中湖と雲に隠れた富士山。
20080804_1
ぐりんぱも今日行けばよかった。despair

ラフォーレはトップシーズンなので、料金UPとはいえ、大人一人2900円なり。
激安です。(会社の健保組合から一人3,000円の補助が出ているとは言え。。。)

朝から露天風呂に浸かり、マイナスイオンをたっぷり浴びて。
いうことナスです、はい。w


さて、今日は猛暑の夏にはひんやり過ごしたいということで、河口湖方面の名所である鳴沢氷穴に行ってみることに。

20080804_2

この氷穴(ひょうけつ)は、お隣りの風穴(ふうけつ)とともに以前初めての山中湖旅行に際にも来た事があるが、たしか物凄く狭いイメージが。。。

拝観料(入場料??)の280円を払い、いざ洞窟の中に。
洞窟と言ってもスロープの階段を下りていくような感じで、でも5mも進めば、そこは冷蔵庫の中。
すぐさま0℃の世界へ。
20080804_3
昔(江戸時代?)のころはこの氷を幕府に年貢として納めていたとか。
焼酎のロック割りの氷にでも使いたいと思うのはオイラだけだろうか(笑)


さて、ランチは今回の目的の一つ。
ガイドブックにもよく掲載されている地元でも人気の蕎麦屋「砂場」へ。
20080804_4_3

店内はとても清潔で広く、麺はこの工房内で手打ちされている。
20080804_5

メニューも豊富で。迷ってしまう。どれも美味そうなり。
20080804_6


天丼せいろ 1,800円
20080804_7

天せいろ 1,600円
20080804_8

お子さまそば 700円
20080804_9

蕎麦は更科風でシコシコしていてとても美味。
20080804_10

う~ん、さすが評判通りのお味。
上品なつゆと上品な蕎麦。
グットっすわ。


二日目は無理せずそのまま家路に。
それでも平日の都内の首都高速が異様に混んでいたので、結局家に着いたのは17時くらいだった。まぁちょうど良かったのかも。


今回も温泉や美味いもの食べつくし旅行で相当癒された。
日頃のストレスもどっかに洗い流されたって感じで。
今年もう一回くらい山中湖に行きたいなぁ。

| | コメント (0)

山中湖旅行記2008<前編>

奇跡的に日月と連休が取れることが確定したので、毎度のことながら前日にラフォーレ山中湖に電話を入れ、開いていることを確認。

トップシーズンの夏休み期間中でも前日に予約できちゃうんだからすごいよなぁ。(^ ^;

今回で4回目。
恒例となりつつある山中湖の家族旅行。

前回10月半ばに行ってとても寒い想いをしたぐりんぱ(旧称:日本HOWランド)を再訪することに。
山の上だからねぇ。
標高が高くて10月じゃ相当寒いのよん。

今回の目的は、息子が大好きなウルトラマンをモチーフとした「M78ウルトラマンパーク」内にこのたびオープンしたレストラン、その名も「M78プラネットダイニング」でランチをすること。

ってか、このレストラン。
天気が悪いにも関わらず。


ものすごい行列。bearing

食べるまで軽く一時間。
超人気らしく。

口にするころにはもうぐったり。

でも壁は一面ウルトラマン一色。
20080803_1

20080803_2

注文したのは、
キッズタロウカレー(甘口):900円
バルタンハヤシライス:900円
ピグモンパスタ(BIG):1,200円
の3つ。
意外とたけぇ(笑)


20080803_3

皿の絵柄も物凄く凝ってて。
キッズたちも大喜びだけどウルトラマン世代のパパたちにも好評で。
20080803_4

いい商売だな。と別の視点から感心。。。


食後は、ウルトラマンショー。
もうこの時点で天候は最悪。
小雨プラス、深い霧。
20080803_5

今回はスペシャルゲストとして、ウルトラマンダイナの主人公である高山我夢役の吉岡毅志. (よしおかたけし)という方が登場。(ちなみにオイラはこのころのウルトラマンは世代的に全然見ていないため知らないのだ)
20080803_6
(肖像権関係で目はモザイク)




天候不良につき、乗り物乗り放題の1dayパスポートを購入したが、乗り物には結局一回も乗らずに退散。
ってか夏なのにこれまた以外と寒かった。
(東京は35度だったとか。ひえぇ~)



ラフォーレにチェックインする前に例のお気に入りのほうとう屋、「芦花」に行って見ると。
あれ?
跡形も無いじゃん。
移転しちゃったのか?
と思いきや、ネットで調べたらつい最近の7/7に火事で全焼しちゃったのだと。
まーーじーーーでーーーー。crying

山中湖に来る楽しみが半減してしまった。
悲し過ぎる。

まぁでも怪我人などダレも居なかったそうなので、それだけが唯一の救いだけど。
放火という疑いもあるらしく。
とても悲しいニュースを目の当たりにしてしまった。

代わりに入った鰻屋が以外や以外、美味かったのも幸い。


今日はくったくたなので、早々と就寝。
明日は晴れるかなと。

| | コメント (0)

山中湖旅行記2007<後編>

昨日の続き。

あ、そうそう。
今回泊まった宿は、ラフォーレ山中湖。
20071014_1

その日に言って、その日に泊まれる。
そんな宿はなかなかないぞ。(笑)

昨年行った修善寺のコテージも良かったが、山中湖もかなりキレイで良かった。

この時期の山中湖は学生のテニスサークル合宿とかでいっぱいかと思いきや、全然混んでいなくて、ちょいと驚き。
むしろ学生よりファミリーとか老人仲間のテニス軍団しかコートには居なかったなぁ。
ナイターでテニスできるのはいい。

今年からラフォーレ宿泊時に会社が加盟している健保組合の補助金がその場で出るらしく、休日の素泊まり料金でも入湯税込みで一人1,850円。安っ。
今後もちょこちょこ使おうと思う。
家から2時間足らずで来れるしね。


今日はラフォーレからほど近い「JOY PATIO」というイタリアンレストランへ。
20071014_3
ここのソフトクリームがお目当て。
これもまぁガイドブックなどでは必ず載っているお店で、ブログ記事もめっちゃ多い有名店。

最近、こういう有名店の○○を食べに、っていうのが気付かぬうちの趣味になりつつあるなぁ。(笑)
どうりで痩せない訳だ。


休日ってこともあり、いろいろなところで秋の収穫祭とかやってて、無料で焼き芋を配ったり。
20071014_4
↑甘くて美味かった。

紅葉にはまだちょっと早かったけど、山の木々も徐々に色付いてきて。
20071014_2

10月後半にはキレイな紅葉が満開となるだろう。
そのころは道路も宿も混むかな。


それにしても去年も同じ時期に山中湖に来たが、今年は異常なくらい寒かった。
朝夕は気温一桁だったし。

その分、温泉に何回も浸かったり、マッサージチェアで1時間くらいよだれを垂らしながらトドのように眠ってしまったり。
完全にオヤジ化した週末ではあったが、リフレッシュできたことには変わりない。

やっぱ紅葉時期は旅行に限るね。

| | コメント (4)

山中湖旅行記2007<前編>

スポーツの秋ってことで午前中、全力疾走したら筋肉痛。
(若いな、自分w)

こりゃ温泉にでも浸かってゆったりしないといけないと思い、15時から急遽車を飛ばし一路、山中湖へ。

なぜ山中湖かというと去年ちょうど同じ時期に行って気候もちょうど良かったし、食べれなかった「芦花」のほうとうをどうしても食べたかったから。
それと急遽行きたくなった!で取れる宿が決まっているから。(笑)

15時に自宅を出て、18時前には山中湖に着いた。

一応土曜日だし、る○ぶとかガイド本を見る限りでは行列必至と書かれていたので、途中、談合坂ICにて予約の電話を入れておいた。

着いてみると、さほど混んではおらず、ある意味、予約は要らなかったかなと。(笑)
20071013_1

頼んだのは、まぁ王道の「ほうとう」と、これまた人気のある「五目カルビおじや」。
20071013_2
直系30cmもあろうかというくらいのでかい鉄鍋にたっぷりと入ったほうとう君。
千円という安さもさることながら、これで一人前っていう量にまずは驚かされた。
そしてしっかりダシの取れた汁に硬めのほうとうとたっくさんの野菜。
いやー、評判通りの味でしたわい。
っていうか一年越しの願いがついに叶ったという充実感。
(大げさ?w)

個人的には五目カルビおじやも捨てがたかった。
むしろこっちのほうがお勧めしたいかも。
でも写真を撮ろうとしたときにはすでに胃袋の中に。

店の中には有名人のサインが所狭しと貼ってあった。
20071013_3

わざわざ高速飛ばして食べに来た甲斐があったというものじゃ。
甲斐の国だけに。(^ ^;

麺レポじゃないけど、ほうとうレポ日記。(笑)

宿に帰って、温泉入って、ビールをしこたま飲んで21時に就寝。

「後編」はこちらから。

| | コメント (0)

グアム旅行記<四日目>

さて、旅行も最終日、四日目。

20070122_1

今日はお昼ちょうどにホテルをチェックアウトなので、昨日さんざん楽しんだはずのP.I.C.へ再び。(味を締めたとはこういう事を言うのね。w)

9:30からオープンだったので、それまではP.I.C.ホテルのプライベートビーチ等を散策。
20070122_2
 

今日もすばらしく快晴。
海の透明度がすごい。
20070122_3
ダイビングしたかったなぁ。

16:00くらいのフライトだったけど、14:00くらいには空港に着いていたので、しばしベンチで昼寝をしたり、珈琲飲んだりまったり。
復路もエアーもコンチネンタル航空だったけど、ジャンボだった。
シートもゆったりビジネスクラス並で、ゲームとか映画とか見れるパネルつき。
寝て帰ろうと思ったけど、ついつい日本まで遊びほうけちゃったよ。(笑)
20070122_4

機内食の味は相変わらず。
20070122_5

20070122_6 


こんな感じで今回のグアム旅行はおしまい。
3泊4日と短いプランで、しかも実質72時間くらいの滞在だったけど、それ以上にアクティブに色々遊んだし、色んな美味いもの(カロリー高いもんばっかw)を堪能した。
ダイビングができれば言うことナスだったんだけども。
それはまた次回の訪問の時でも(いつのことやら)。

でもやっぱミクロネシア方面の旅行は、この年末年始明けで旅行業界がひと段落した時期(1月後半~2月)が、乾季で天気良いし、海の透明度もベスト、そして何より旅費が安いのでオススメである。3時間で行けちゃうし、子供連れにも持ってこいだね。

すっきり心身ともにリフレッシュできたとさ。メデタシ、メデタシ。



でも、体重計はしばらく押し入れに封印。(笑)

| | コメント (0)

グアム旅行記<三日目>

三日目。

今日は島内バスツアー。
9:00過ぎにバスが迎えに来て、いくつかのホテルで参加者をピックアップし、最初の目的地である恋人岬へ。
$3払うと、展望エリアまで入ることができる。
千葉の鋸山の地獄のぞきにも勝るとも劣らない断崖絶壁で、足がすくむ。ガクガクブルブル。
20070121_1

DFS、パセオ球場、スペイン広場、アフガン砦、マイクロネシアモール、と島内の中央部の主要観光スポットに連れて行ってくれた。

スペイン広場でヤシの実ジュースを飲んだ。($5)
飲んだ後に、中をくり貫いて実を食べさせてくれるんだけど、わさび醤油で食べるのでまるでイカ刺しのようだ。
20070121_2

マイクロネシアモールでは、COLD STONE CREAMERYへ。
20070121_4

凍らせて冷え冷えの板の上にお好みのアイスクリームと、フルーツをペースト状になるまでかき混ぜてくれて、ワッフルに乗っけてくれる有名なアイスクリーム屋だそうだ。
そしてアイスがめちゃデカい。これもアメリカンサイズ。
写真も直径15cmくらいのカップだ。
20070121_3 

15:00前には島内観光から戻ってきたので、まだ夕飯までには時間があるので、目の前にあるP.I.Cへ。
20070121_5

20070121_6 

P.I.C.は、何種類ものプールと、ウォータースライダーなど、さながら豊島園のハイドロポリスのようで、家族連れを中心に大人気のスポット。なぜか温泉まで。。。
これが目当てで、P.I.C.のホテルをチョイスする人も多いだろう。
はっきり言ってチビっ子というよりは、大人がすっかり童心に返って遊んでしまう。(オイラもすっかりハマった。w)
カヌー漕ぎも初体験したし、2時間と短時間だったけど超満喫。
20070121_7


今日の夕飯は、ホテル隣りにあるジャマイカングリルでテイクアウトして部屋でビールを飲みながらまったりと。
20070121_8

昨日のTONY ROMAのリブも最高だったけど、こっちもスパイシーで柔らかくて美味かったなぁ。
20070121_9

今日も遊び疲れた。くたくた。。。

| | コメント (0)

グアム旅行記<二日目>

グアム二日目。

窓を開けると、乾季らしい乾季と言わんばかりの澄み切った青い空とコバルトブルーのタモン湾の海。

ちょうど今日はオプションのビーチツアーなので、絶好の天気だ。
今回のツアーではビーチツアーかバスによる島内観光のどちらかが無料で1day選べ、選ばなかったほうは+2,000円でチョイスできるというシステムになっていた。
なので、このビーチツアーを二日目に付けた。

そうそう。
書くのを忘れていたが、今回泊まったホテルは、ロイヤル・オーキッド・グアムホテル
タモン湾の主要エリア(DFSとか)からは南に2kmくらい南下したところにある中級ホテル。
20070120_1

ホテル指定オプションで追加料金払ってアウトリガーとか、ヒルトンとかにしても良かったんだけど、人気ホテルは追加料金払ってももう満室だったので、ある意味どこになるか分からなかった今回の宿。
でもP.I.C.も通りを挟んで目の前だし、ホテル内に人気のレストランが多く入っているので、大当たりだったかもしれない。

室内も欧州調の造りで、良かった。
20070120_2

20070120_3


難点をいうと、完全なるオーシャンビューでは無かったことかな。(- -;

10:40という遅めに時間にバスがホテルまで迎えに来て、アガニアビーチへ。
20070120_4
アガニアビーチは、タモン湾の隣りのビーチ。
なのでツアーバスで10分位で着く。
プライベートビーチになっているみたいで、現地スタッフ(日本語ぺらぺら)がいっぱいいてキレイに整備されてる。
2年前に来たときは、まだ雨季の終わりの頃だったので、今回はかなり透明度が高い。
ビーチ横にはちゃんと小さな子供用に滑り台やら、ブランコやら遊具が一通り置いてある。子供連れのファミリーが多いビーチだ。

このビーチツアーにはランチも付いていて、ライスとスペアリブ風の骨付き肉とサラダ。
20070120_5
フードコートでよくあるような感じだけど、何気にけっこう美味しい。

ビーチツアーには、シュノーケリングとか、ジェットスキーとか、パラセーリングとかの有料アクティビティがある。
前回来た時に、シュノーケリングツアーに行って、苦い思い出があるので、今回は大人しくビーチで遊ぶだけにした。
苦い思い出というのは、ビーチから100mくらいのところまで“バナナボート”に乗せられて引っ張って行ってくれるのだが、水深50センチ位のところでシュノーケルしろ、って言われて救命道具を着たまま無理やり降ろされて、岩とかサンゴとかで手足が傷だらけになったという事件。

迎えの最終バス(16:00)まで待たずに15:00の送迎で帰ってきた。

というのもグアムお馴染みのガンシューティングをやってみたかったから。

DFSまでホテルから無料タクシーがあるので、それで一度DFSまで行き、そこの2、3軒隣りにあるガンシューティング(実弾射撃場)へ。

マグナム44口径(42発)をチョイス(なかば騙された感じでw)。
一番小さい9mmの銃に比べて、すんげぇ重い。
それだけでも片手じゃ大変なのに、実際に一発撃ってみると、爆発音みたいな衝撃と共に後ろにモロに感じるずどーんとくる慣性力。
こりゃ~半端じゃナイス。
マグナムが女性には無理って言っていた店員の意味が一発目にして理解できたよ。

そして6発目でリボルバーから無くなった時点で、両手はヘロヘロ、体はビビりから来る震え。
はっきり言って超へっぴり腰。(笑)
さぁ残りの36発をどうしようと思ったが、なんとか30分くらいかけて全42発を撃ちまくった。
腕は即筋肉痛になったけど、ストレス解消にはなった。
いや、むしろ病みつきになるかも、これ。(^ ^;
20070120_6

夕飯は、宿泊ホテル内の2階にある「TONY ROMA」。
欧米ではお馴染みのリブステーキの店で、どのガイドブックにも絶対掲載されている、ある意味グアムでは「外せない」レストランの一つ。

2時間かけて燻したという柔らかい牛リブ肉がどーんと40cmくらいの大きさのまま出てくる。
20070120_8
40cmと言ってもレギュラーサイズ。
ハーフでも25cmくらいある。
でもこれは噂どおりの美味さ、柔らかさだった。

それと名物、オニオンリングフライ。これもまたモンスター級のデカさ。
沼津港の「魚河岸 丸天」で食べた掻き揚げもデカかったが、これも高さ20cmくらいで食べ応え充分。(もちろん完食できず。w)
20070120_7

これだけでも腹いっぱいになるはずなのに、おまけにトニーバーガーなるものも頼んでしまったので、腹がちぎれそうになった。
20070120_9

日本にも幕張にあるらしいので、今度行ってみたいね。

それにしても今日はハイカロリーな一日だったなぁ。

| | コメント (0)

グアム旅行記<一日目>

休みを取ってグアム旅行に行ったきた。

申し込んだのはホント1週間くらい前。

某旅行会社が主催するめっちゃ格安の先着キャンペーンプランがあって、そっこう飛びついたのが今回の旅の始まり。

でもやっぱり「先着○○名」とか「限定△△組」って単語に弱い日本人は多いらしく、いい時間のフライトは全て埋まっていて、結局往路は夕方発に。

実はグアムには一昨年の秋にも行ったので、今回で2回目。
ちょい近いサイパンでも良かったんだけど、サイパンはどの日程もSOLD OUT。


さてさて、初日は午前中にゆっくり荷造りして、自宅を13時に出発。
いつものように空港近くの楽楽パーキングまで車でGo。
羽田空港でもよく使う楽楽パーキングが成田にもあるので、今回も事前に予約しておいた。
そっからは空港までバスで3分位。4日間の駐車で2,350円。洗車付。安いよねぇ。
何がうれしいって、帰ってきた時、お土産やらで大荷物になったスーツケース等を持って、電車の乗り換えとかしないで済むし、自宅の玄関まで到着できるので、飛行機乗るときはいつもこの楽楽パーキングを使ってる。

16:15離陸予定が若干早まり、16:05にテイクオフ。

今回のエアーは「コンチネンタル航空」。
ジャンボじゃ無い分、はっきりいって狭く感じた。

機内食も前回のJALウェルズのほうが美味しかったなぁ。

今回の機内食はこんな感じ↓
20070119_1
子供向け。

20070119_2
大人向け


現地時間で20:30くらいに着陸して、荷物検査、入国手続きなど終えて外に出てみると、やっぱ南国。
夜のほどよい暑さ、「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!?」」って感じ。

でも。


でも。


でもでも。



天気は雨。_| ̄|○



マジぃ~?
今は乾季じゃねぇの?



さっそく出鼻を挫かれたって感じだわ。

明日以降の天気に願いを込めて、ホテルに着いてそのまま疲れて就寝。。。

| | コメント (0)