« ソニーゴールドカードへの乗り換え検証 | トップページ | 家電レポ<ブルーレイレコーダーBDZ-X95(開梱編)>(その2) »

ソニーゴールドカードへの乗り換え検証(補足)

昨日の日記で一部誤解があるといけないので、補足しておきます。

年間1,635,000円の買い物額に分岐点があるように書きましたが、あくまでこれはSony Style(しいてはelio決済)で買い物を一切しない方法での合計額です。

というのは、一般の支払い(Visa決済)でのポイント付与は、
1,000円 = 1ポイント
であるのに対し、elio決済は、
1,000円 = 2ポイント
になり、ポイントが溜まる速度が倍なのです。
(その昔、Sony Styleをはじめ、Sonyグループのelio決済は1,000円 = 3ポイント付与だったのにweep
Sonycard_6
ということは、単純にelio決済だけで一年間の支払いを慣行できるのであれば、年間支払額の分岐点は、その半分である80万円弱でいいことになるのね。

が、我が家の昨年の購入実績からして、elio決済支払いは、せいぜい40万~50万円が限度でそれ以外は一般の買い物(Visa決済支払い)って感じの配分かな。
しかも今年は去年ほどSony Styleでの買い物もないだろうし。

なので、正確には弾き出せないけど、おおよそ100万~120万円くらいの合計年間支払額で損得の分岐点がくると思われる。


ということで、近々ゴールドカードに乗り換えをしようと思います。

|

« ソニーゴールドカードへの乗り換え検証 | トップページ | 家電レポ<ブルーレイレコーダーBDZ-X95(開梱編)>(その2) »

SONY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソニーゴールドカードへの乗り換え検証 | トップページ | 家電レポ<ブルーレイレコーダーBDZ-X95(開梱編)>(その2) »