« 麺レポ<彩華>(2) | トップページ | 家電レポ<ブルーレイレコーダーBDZ-X95(開梱編)>(その1) »

家電レポ<ブルーレイレコーダー(購入編)>

昨年はブルーレイレコーダー元年と言っていいくらいの年だった。

HD-DVDとの熾烈な覇権争いも、蓋を開ければブルーレイ陣営の圧勝となり、一気にメーカーの攻勢が始まった。

特にSONYは、早々とDVDレコーダーの中止とともに、レコーダーを完全にブルーレイだけにして、そのシェアを獲得すべく、大御所アーティストをCMに起用したりと社運をかけた攻勢をかけてきた。

昨年末、ブルーレイドライブ搭載のパソコンに乗り換えたのだが、レコーダーとの平仄を合わせる意味も含め、むしょうにブルーレイレコーダーが欲しくなってしまった。
しかもちょうどよく、スゴ録の買い手も付いたので、タイミングばっちり。


昨年発売されたRDZ-A70は、自分の使い勝手としてはなかなかマッチしていたので、安くなったころに買おうと思っていた。

年明け、仕事もひと段落した時点で、RDZ-A70の価格調査と、機能の下調べをし、色々量販店を中心に回ったが、いまいち安くなく、手を拱いていた。

が、これが幸いだった。

実は、RDZ-A70は、
・新高画質回路“CREAS”
・Deep Color対応
・ブラビア〉チャンネル設定連動
・ワンタッチダビングボタン
・ハンディカム”対応BDダイレクトダビング
と言った我が家にとっては必要不可欠な機能が付いていないのだ。

これは、買ってから絶対後悔するパターンで、それらの機能を完全網羅したのは、最上位機種である「Xシリーズ」だけであることがその後の調査で判明。

X95_00

ただし、Xシリーズは、最上位機種だけあって、定価でも20万円前後と予想していたので、とても手が出せるとは思っていなかったのだが、X95は某価格サイトの書き込みですでに11万円くらいで売られていることが判明。
しかも口コミでは、量販店などで10万円弱で売っているというじゃあ~りませんか。

さっそく眠たい目をこすりながら、早起きして池袋へ。

地下鉄丸の内線を降りて、東口の地上へ出るとさっそく見える家電量販店が連なるメインストリート。

1店舗目は、l小手調べでB社へ。
つい最近、赤字決算を発表したばかりで、店員の覇気もどことなく感じられない。
198000円(ポイント15%)のPOPが貼られていたけど、一応いくらまでプライスダウンしてくれるか、聞いてみたところ、一度バックルームに戻って上司に確認したようで。
再度戻ってきたが、「188000円ですねー」とありえない対応。
売る気がないのか、なんなのか。
まぁこの店のポイントカードすら持ってないのでハナから買う気はないけど。
土俵にもあがらないこの態度に激高して(大げさ?w)、次の店へ。

2店舗目は、隣りのY社。
地元の同店でのリサーチだと、141000円のポイント23%。
実質11万円弱だった。
が、サイトでの情報を元に、「サイトの値段は本当ですか?たまにガセがあるようですが?」と聞いてみると。。。
B社と同じよう一度バックルームに戻り、確認したようで、
「それは年末特売だけの値段ですね。が、他店もその値段近くで出ているようなので、近づけるよう努力します」と熱いリプライ(笑)。
誠意とはこういうことを言うんでしょうね。
んで、結局140000円+ポイント29%+BD-REのメディア をおまけでつけてくれて即決しました。(実質98000円くらいかな)

現行使っているDVDレコーダー「スゴ録」は、ジャスト4万円で売却できたので、実質6万円弱の出費でこのX95が入手できました。

目標の10万円台も越えて、9万円台にまだ落ちたので、5年保障(14万円の5%で7,000円)も付けました。

久しぶりの満足価格♪
実に池袋滞在時間30分。

帰りは手で持って帰ったけど、あまりの重さに駅まで迎えにきてもらった(笑)


さーて、イジくり倒すぞ。

開梱編へ続く。

|

« 麺レポ<彩華>(2) | トップページ | 家電レポ<ブルーレイレコーダーBDZ-X95(開梱編)>(その1) »

SONY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麺レポ<彩華>(2) | トップページ | 家電レポ<ブルーレイレコーダーBDZ-X95(開梱編)>(その1) »