« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

家電レポ<Vaio RZ55(買取編)>(その3)

買取価格の査定連絡が来ました。

結果、32,200円ですた。

残念ながら、満額にはならず。
ってか欠品があったとはつゆ知らず。
猛烈に反省。

しかも、申し込んだ日(12/5)から、引き取りに来てもらった日(12/20)まで2週間もあったことから、その間に買取価格が5千円も下落したらしく、予想より大幅に低い買取価格となってしまった。
激烈に意気消沈。


まぁ、通知の内容は以下のような感じ。

一応、納得したのでこの買取金額で承認しました。


■ ■ ■ ■ ■ 商品が到着し、査定が完了致しました ■ ■ ■ ■ ■

ソフマップの買取りをご利用いただき、誠にありがとうございます。
お客様よりお申込みのあった下記商品が到着し、査定が完了致しました。

<買取受付番号>
B000XXXXX

<お預かり品査定結果>

合計査定額   32200円
-------------------------
現金支払額   32200円

<査定詳細>

01 VAIO PCV-RZ55L7
上限金額   30000円
増減金額    2200円
査定金額   32200円
査定内容
Windowsデスクトップパソコン
==商品備考==
お申込みより到着まで1週間以上経過している為、
査定日の買取上限金額にて査定させていただきます。

==欠品減額==
「ディスプレイの後面カバー」 欠品 -500

==状態減額==
全体的に変色あり -1000
マウス側面のゴムがないため -500

==キャンペーン==
ソニースタイル下取サービス 秋の“15%プラスアップ”キャンペーン +4200

==添付付属品==
「取扱説明書」「バイオこんなときはどうするの」「困ったときは」「バイオで映像を楽しもう!(初級編)」「WindowsXP HomeEdition ファーストステップガイド」「ディスプレイ取扱説明書」「キーボード」「パームレスト」「マウス」「アクティブスピーカー」「アクティブスピーカー用電源ケーブル」「リモコン」「リモコン用受光ユニット」「液晶ディスプレイ」「ACアダプタ(液晶ディスプレイ用)」「L型レンチ」「LCDスタンド」「スタンド取付け用ネジ(2個)」「AdobePremiere6LE日本語版 編集ガイドブックPDF版」「電源ケーブル(本体用)」「電話線」「ビデオ接続用変換コネクタ(2本)」「オーディオ接続ケーブル」「ビデオ接続ケーブル」「電源コード(液晶ディスプレイ用)」「アンテナ接続ケーブル」

■買取対象外品■
なし

※上記金額はすべて税込みとなります

<買取成立後のお支払い方法>
 SonyStyleクーポン

-----------------------------------------------------------------

<ご承諾方法>
 ご返答は【文頭のURL】から、もしくは【下記買取専用ダイヤル】までご連絡下さい。
 本メールへの返信は受信できませんので、ご注意くださいませ。

 � お名前
 � フリガナ
 � メールアドレス
 � お問い合わせ内容 : 買取について
 � お問い合わせ先   : 【東日本地区】
 � 件名 : 【B000XXXXX 査定が完了致しました …
www.sofmap.com…】返答
 � 本文 : 下記ご返答フォームをコピーして必要事項をご記載の上、送信してください。

【ご返答フォーム】
-----------------------------------------------------------------
  1.お客様のお名前
  2.買取り受付番号
  3.査定結果に承諾して、売却される商品名もしくは「すべて売却」など
  4.査定結果に承諾せず、返品を希望される商品名
  5.上記査定備考欄記載の買取対象外品の返却又は廃棄のご返答
-----------------------------------------------------------------

  ※ご返却を希望される場合は、お申し込み住所へ配送料金お客様負担にて
   返送させて頂きます。廃棄の場合、弊社にて適切に廃棄致します。

  ※配送日のご希望がございます場合はお知らせください。
    ご連絡いただきました日時によりご希望に添えかねる場合がございます。
   �
ぢ ご連絡日より2・3日先にてご指定頂けますようお願い致します。

  ※配送時間帯のご希望は、下記お時間帯よりお選び頂けます。

   *午前中(9:00~12:00)
   *12:00 ~ 14:00
   *14:00 ~ 16:00
   *16:00 ~ 18:00
   *18:00 ~ 20:00

  返送日時のご希望の記載がない場合は、時間帯指定なしにて
  速やかにご返却させて頂きますので、予めご了承ください。

<ご注意>
  ご連絡後1ヶ月以上ご返答がない場合(手続きの完了をされない場合)は、
  お預かり品を任意処分させていただきますので、必ずご連絡くださいますよう、
  よろしくお願い致します。

  ご返却を希望の場合でも査定動作検証の際、内部の設定、
  データー等全て初期状態となっている場合がございますので予めご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎一般電話・FAXでのお問い合わせは、フリーコールにて受付けております
  買取専用ダイヤル:0077-78-9400 電話受付時間 10:00~19:00
  買取専用FAX:0077-78-9500

◎携帯電話・IP電話・光電話からのご利用はこちらから
  買取専用ダイヤル:050-3032-9400(通話料はお客様のご負担となります)
  買取専用FAX:043-310-0700(通信料はお客様のご負担となります)

 ※フリーダイヤルにおつなぎ出来ない場合は050で始まる番号をご利用下さい。

◎Eメールでのお問い合わせは、「お名前・買取り受付番号・連絡先お電話番号」 を
 お書き添えのうえ、ご連絡ください。

ソフマップ 通信買取センター
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | コメント (0)

麺レポ<麺徳 東陽町店>(2)

店名:麺徳

場所:東陽町(どちらかというと木場駅からのほうが近い)

食べたメニュー:つけめん(750円) 細麺 野菜マシ

総評 今年の2月末にオープンした二郎インスパイアな店。

詳しい詳細は、
http://barcelonista.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-9b17.html
からどうぞ。

いつもはラーメンばかりで、初めてつけめんに挑戦。

太麺のつけめんだと20分くらいかかると書いてあったので、時間もないし、細麺にした。
細麺といっても他店の麺よかずっと太いけど。(^ ^;

先につけ汁だけが出された。
これだけ先に出されても困っちゃうんだけど。
でもゴロっとしたブタの塊がスープの水面から垣間見れてなんだか、バトルの開始がひしひしと。w
20081222_1

このスープ。
メンマとかは一切ない。
3つ入ったブタ(チャーシュー)だけのシンプルな具材。
そのシンプルさが逆にイイと思う。
いっぱいごちゃごちゃ入っていても麺と野菜の量で瞬殺されるしね(笑)

そして肝心の麺がようやっとこさ、出てきましたよ。
20081222_2

ちょっと面食らった。
(麺だけに。。。ww)
まさにモンスタータワーとでも言おうか。
全部で500~600gはあろうか、この量。
直径25cmほどの皿から溢れんばかりの量。
わぁ、残さず喰えるかなぁとちょっと心配になる。

ラーメンと同様、野菜はもやし率が高く、
もやし:キャベツ=8:2くらいかな。


といいつつも軽く平らげちゃったよ。
けっこうあっさりとしているので、もたれもないし。
ただ、スープのインパクトにはやはり欠けるような。
個人的にはラーメンのほうが断然好きだなぁ。

まぁ今度は味噌をレポしますわ。

総点:80点

| | コメント (0)

家電レポ<Vaio RZ55(買取編)>(その2)

今回、パソコンの買取は初めて。
だいたいやふおくやら知人に譲ったりしてたし、ハードディスクの中身が完全に消去できてないまま業者に出すことに懸念を抱いていたからだ。
が、ディスクはキレイにフォーマットしたし、買取業者もその辺は当たり前のごとく消去、データは外部に漏らさないと謳っているので安心かと。

んで、いつものSony Styleの買取か、ソフマップの買取か迷った挙句、買取額に軍配があがったソフマップの買取サービスを利用することにした。

買取方法を紹介しつつレポします。

ちょうど12/5まで「秋の15%プラスアップキャンペーン」なるイベントがやっていたし、買い替えのタイミングとちょうどあったのでナイスタイミング。
Vaio00

買取を申し込んだのはそのキャンペーンが終了してしまう前日の夜中。
typeAの購入を決定付けたのも、このキャンペーン終了が近づいていたことも一つの要因だった。
前日だからか、夜中でもネットが重たくてなかなか繋がらずようやっとサイトにアクセスできたのも夜中の25時くらいだったなぁ。

ソニースタイル買取サービスのホームページから「ソフマップらくらく買取サービス」をクリックすると、以下の画面が表示される。
ここでMy Sony ID とパスワードを入力し、ログインする。
Vaio01
「次へ進む」をクリックする。
Vaio02

買い取って欲しい商品のジャンルを選択する。
今回は、「Windowsデスクトップパソコン」にチェックを入れ、かつ、メーカ名商品名型番の欄に「RZ55」と入力し、検索してみる。
Vaio03

すると、
VAIO PCV-RZ55

VAIO PCV-RZ55L7
が候補として出てくるので、我が家のはモニタ付属の後者なので、後者を選択し、「検索開始」をクリックする。
Vaio04
買取上限金額に35,000円と出た。
Vaio05
まぁかれこれ5年近く使っているし、当時22万円くらいで購入したと言えども、充分モトをとっているので、その金額で納得。
「買取カートに入れる」をクリックする。

ちなみにデジタルリユースのほうの上限金額は2万円(キャンペーン中につき+5000円)だったので、こっちを選んだ訳で。
時期と商品によってはデジタルリユースのほうが上限金額が高かったりするので、両方の金額を比較して、決めると良いだろう。

さて、1点が買取カードに入りました。
Vaio06
「らくらく買取で申し込み」ボタンをクリックする。
すると、利用規約が出てくるので、「同意する」にチェックを入れ、「次へ進む」をクリックする。
Vaio07

ご利用コースにて、「引取コース」を選択する。
このとき、引取手数料がかかったり、キャンペーンなどで無料になったりするので確認すること。
今回の我が家のケースはキャンペーン中につき、引取無料だった。
さらに梱包箱がいくついるのかも選択する。
今回、いつもはちゃんと取っている箱のうち、モニタの梱包箱が見つからず、1箱注文した。
買取サービスは一品でも欠品があると、査定額が一気に下がってしまうので、購入時には、
・一切捨てない
・マニュアル等は折り目が着くといけないから極力読まない
・付属のCD-ROMなども必要じゃなければ開けない
というのが我が家もモットウ(笑)
Vaio08

発想場所はMy Sony IDで登録されている個人情報がそのまま表示されるので、そのままでOK。
Vaio09

上記内容で確定すると、下記のように買取申し込みの完了通知が表示される。
Vaio10_2

手順的にはこんな感じ。
簡単でしょ。

我が家はこれまでにデジカメ、ビデオカメラなど結構買取に出してきたが、純正の梱包箱、付属マニュアル、付属冊子、付属ケーブルなど一品の欠品も無ければ、ほとんど減額はないので、よく利用している。
何より、不要になったAV製品などを捨てなくて済むし、次の人に使ってもらえるなら地球にも優しいエコなシステムがとても気に入っている。

今後もこのシステムも大いに活用していくつもりだ。

| | コメント (0)

家電レポ<Vaio RZ55(買取編)>(その1)

かれこれ5年近く我が家で活躍してきたVaio RZ55を、Vaio typeAの購入を機に買取に出すことにした。

typeAの購入レポと、買取についての詳細をレポした「その2」は後日UPするとして。
悪戦苦闘してなんとか梱包までこぎつけました。
今朝早く、業者の人が引き取りに来たけど、なんだか感慨深いものが。
本当は運送会社の人が梱包してくれるはずだったんだけど、せめてもの労をねぎらうってことで、キレイに拭いて、エアーダスターかけて、別れを惜しみましたよ。w

その様子をちょっとだけレポ。

↓部屋中、リカバリの様子。きったない。(^ ^;
20081220_1_2

↓リカバリCDから工場出荷状態にしている最中
20081220_2_2

↓増設したものはちゃんと外しておかないとね。
20081220_3_2


さてさて。
いくらで下取りが確定するんでしょ。
後日の査定結果が楽しみなところ。


最後に。
いままでありがとう。Vaio RZ55くん。
こき使ってごめんね(笑)

| | コメント (0)

麺レポ<彩華>

店名:彩華(さいか)

場所:茅場町

食べたメニュー:ゴマつけ麺大盛(750円) ※大盛も値段変わらず

総評真味好なくして いま茅場町で一番人気のある店と言っていいだろう。
20081218_1

11時半くらいから行列はできて、12時台は半端じゃない。
2、30人は当たり前って感じの行列。

以前からあった店だけど、なんでこんなに火が点いたのか不明。

メニューは支那そばをはじめ、つけ麺など豊富だが、9割くらいの人がつけ麺を注文する。
大盛にしても値段変わらず、茅場町サラリーマンの腹を満たしてくれるこのコストパフォーマンスが人気に所以だろう。
20081218_2


もうかれこれ5回くらい来たが、初めてのレポ。
なかなか忙しくて。。。(^ ^;

今回注文したのはゴマつけ麺の大盛。
20081218_3
このボリューム。
濃厚なスープには、分厚いシャーシューがごろごろ、これでもかって感じで入っている。
ゴマの香りはさることながら、かなりピリ辛で大人味だ。

麺は太めのストレート麺
個人的に水菜が大好きなので、かなり高ポイント。
でも個人的には、ゴマより普通のしょう油味のつけ麺のほうが好みだ。
今度はそっちもレポ予定。

実は、目の前で食べていた人の支那そばがやけに美味そうに見えた。
次回は初めてつけ麺以外のメニューを試そうと思う。
が、なかなか茅場町には行かないんだよねぇ。

総点:90点

| | コメント (0)

家電レポ<VAIO type A(到着編)>

もう先週のことになるけど、兼ねてから研究していた我が家のメインPCをソニスタから購入。

やっぱり色々調べたけど、結果、
VAIO
オーナーメードモデルVAIO type A ビデオエディション
VGN-AW80US・AW80NS・AW80S

に落ち着いた。

購入価格は前回レポの通り。

んで、今日早くも到着。
20081213jpg
早ぇ~。
こんな忙しい時に到着されちゃって。
嬉しい悲鳴。w

とりあえず、開梱は今夜かな。

| | コメント (0)

麺レポ<スタミナラーメン>

店名:スタミナラーメン

場所:京王堀之内駅北口から徒歩3分くらい

食べたメニュー:スタミナラーメン大盛(709円) ※普通盛は609円だが大盛で100円増し

総評二郎に行ったが、ランチは休み。
20081212_1
中央大学生がすでに冬休みに入っているからなのか夜だけの営業となっていた。
30分も歩いて行ったのに。orz

んで堀之内駅と二郎の間くらいにあるこの「スタミナラーメン」に行ってみることに。
以前からちょっと気にはなっていたのだが。。。。
20081212_2
隣りもなんか中華料理屋だったなぁ。(名前は忘れた)

今回注文したのは店の名前にもなっているスタミナラーメン。
すりにんにくが効いたピリ辛味噌スープの上に豚コマ、ニラ、玉葱、人参を炒めたものがどさりと。
見るからに精がつきそうなラーメン。
20081212_3

麺はストレート麺。
カンスイなのか卵繋ぎなのかよく分からないけど、あまりコシがないような感じ。

メニューは豊富。
20081212_4
セットメニューが正油ラーメンだけなのが玉に瑕。

先輩がちょっとおすそ分けしてくれた「みそチャーハン」が以外と美味かったなぁ。
20081212_5


総点:75点

| | コメント (0)

麺レポ<太陽のトマト麺 茅場町>

店名:太陽のトマト麺

場所:東京メトロ茅場町駅からすぐ

食べたメニュー:太陽のBセット(トマト麺+鶏めし)(880円)

総評:先日茅場町交差点からすぐのところにオープンした「太陽のトマト麺」。

錦糸町に本店を持つこの店は、テレビや雑誌などで取り上げられたことをきっかけに人気に火が点き、瞬く間に都内6店舗目となる茅場町店のオープンに繋がった。
(全国では10店舗目)
20081205_1

午後13時から客先訪問ってこともあったので、11:45くらいに来店。
が、すでに寒空の下、3人ほど外に並んでいた。
「人気あるんだぁ」と店内を覗くと、さらに8人ほど並んでいるではないか。
おそるべしメディアの力。

店の外にメニューがあったので、並んでいる間選ぶことに。
20081205_2

お昼はセットがあるそうな。
ビールもあるし、餃子、唐揚や野菜炒めなどのつまみもあり、夜の飲み屋代わりにもなるのかな。

メニューは意外と豊富で、チーズの乗ったトマト麺や茄子の乗ったトマト麺とか。
鶏スープが売りの「鶏パイタン麺」も捨てがたいのだが、無難に看板メニューの「太陽のトマト麺」に「鶏めし」をセットにしたBセットを注文。

まずは鶏めしから出てきた。
20081205_3
甘い味付けの溶き玉子と鶏肉をあえていささか親子丼のようなテイスト。
相当甘くてちょっときつかったな。

さて、肝心な麺が遅れて出てきた。
20081205_4
見るからにスープスパゲッティのごとく、一見辛そうに見えるけど、やっぱりスパゲッティのようなスープだった。
でもきっちりダシは取れているようで、コクがあって飲みやすい。
これまたスパゲティの細麺のごとくアルデンテな細麺がスープとよく合うじゃん。
20081205_5

全体的には鶏めしをつけてもやっぱり軽い。
量が足りないと言う訳ではなく、ヘルシーなのだ。
それもまた店の売りだしいけど。
飲んだ後にでもまた来たい。

気付けば、会計を済ませて店を出るとき、回りの客は9割女性だった。
女性客だらけでは今後ちょっと入りづらいかも。
まぁでも店内のキレイな内装と清潔で態度の良い接客は高感度◎。
これから応援したい優しい店である。

総点:80点

| | コメント (0)

麺レポ<末広>(2)

店名:末広
場所:江東区東陽町

食べたメニュー:味噌チャーシューメン(950円)

総評:東陽町北口から5分ほどの人気店。

今日で3回目の訪問。

前回の訪問レポで詳細は綴ってます。
http://barcelonista.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_799d.html
 
さて、今日こそ幻のチャーシューにありつくぞと、外出帰りの12時10分前に店に着くも、やはり開店の11:15からその行列は始まっていたらしく、その時点ですでに20人くらいが並んでいた。
12時を過ぎたらさらにその行列は長くなり、この人たちは13時の午後始業に間に合うのだろうかとちょと心配をよそ目に、なんとか座敷席の着席。

今日は、看板メニューの若干にんにくの効いた「味噌ラーメン」に分厚さと味の美味さが評判のチャーシューをトッピングでつけてみた。
20081201

こんなに大きくて分厚いチャーシューが3枚も入っていて、プラス200円と良心的。

このチャーシューは13時ごろには無くなってしまうらしいので、注文するなら早めがオススメだ。

優しい感じのクリーミーテイストな味噌スープとシャキシャキなモヤシが絶妙で、これにさらにこのチャーシューも一緒に食べたときの感動たるもの。
チャーシューだけで言えば、過去ベスト3に入るだろう、というくらい美味かった。

次回からは毎回、絶対チャーシュー乗せだな。

総点:95点

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »