« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

麺レポ<じょんのび>

店名:じょんのび

場所:市ヶ谷駅徒歩2分

食べたメニュー:ごくろらーめん(800円)

総評:外出先でひょいっと入ったラーメン屋。
1階がこの「じょんのび」で2階が姉妹店の「火の国らーめん てっぺん」という面白い店舗形態。
20080729_1
(2008.7.29現在は何やら改装中。店内は別に改装はしてないよ。)


じょんのび」という店名は、どうやら新潟の方言で「のんびり、ゆったり」という意味らしい。
店主が新潟出身なのかな。


1階の食券売り場で食券を買ったところ、1階の店内は満杯なので、2階に行ってくれと。
が、2階は2階で食券があるし、1階で購入したメニューを2階の店でも出してくれるのか?と疑問に思ったが、そこは姉妹店。
どうにでもなるらしい。(笑)

2階の「てっぺん」の店内はテレビ放送で芸能人が来店した際のサイン色紙がたくさん飾られていた。

色々メニューがあって迷ったのだが、「ごくろらーめん」なるネーミングに惹かれてそれをチョイス。
20080729_2
お昼時は半ライスが付く(希望者のみ)。
なんともありがたい気配り。

スープは、動物系と魚介系のダシを使った流行りのWスープ。

さてさて、このらーめん。
なにが「ごくろ」かというと。。。














そう。
何を隠そう麺が黒いんです。
20080729_3
竹炭を練りこんでいてなんだか香ばしさを感じた。
ってか相当美味いよ、これ。

白髪ネギともやしという地味なトッピングと黒麺がなんともマッチしていた。

チャーシューもとろっとろに柔らかくてジューシーだし。
メンマもかなりの量が入っていた。


2階の熊本ラーメン「てっぺん」にも行って見たい。
桂花の「太肉麺(ターローメン)」らしき「たーこーめん」なるメニューがやたら美味そうだった。


市ヶ谷近辺にはなかなか来ないけど、再訪決定だな。

総点:95点

| | コメント (0)

麺レポ<大手町ラーメン>

店名:大手町ラーメン

場所:大手町駅ガード下

食べたメニュー:スタミナとんこつらーめん(750円)

総評:大手町にらーめん二郎リスペクトの店があるとの情報をキャッチし、さっそく外出帰りに訪問。

大手町駅を降りて、ガード沿い神田方面に歩いていくとその店はある。
20080728_1
このガード下は夜はちょっと怖そう。w

歩いていくとほどなく店はある。
大手町にあるから「大手町ラーメン」。
20080728_2
もっとネーミングに凝っても良かろうとも思うが、そこはチェーン店にはない個人経営独特のポリシーであろう。

店に入ってすぐに食券機があり、そこで購入するとすかさず店員の女性が「麺の大盛かライス無料サービスですが、どちらがよろし?」と聞いてくる。

今回はチョイスした麺が「スタミナとんこつらーめん」だったのでとことんスタミナを追求しようと「大盛で」と返した。

20080728_3

メニューにもあるよに柱は、
・ストレート極細麺の九州とんこつ
・特製極太麺のスタミナらーめん
・白河手もみちぢれ麺
の3つ。
何を主体に置いているのか、どれが二郎ライクなのかイマイチ不明。


食券を買う際におそらく「スタミナとんこつ」が二郎ライクなのだろうとそれをチョイスした訳で。
でも出てきたラーメンは。
20080728_4

たしかにキャベツとモヤシの茹でたやつがどっさり(とまではいかないかw)乗っているが、イマイチ二郎っぽくはない。
玉粒の背脂もなんとなく違うし。

って背脂かと思ったこの玉粒は実は挽肉であることが食べてみて判明。

特製極太麺っていうからどれくらい太いのかと思ったけど、これもちょっと太いと感じるくらの太さ。

スープはしょうゆとんこつといった感じで、二郎ほどのパンチは感じられず。
お昼で無かったら備え付けの摺りおろしニンニクをたっぷり入れたのだが。。。

まぁ可もなく不可もなくといったところ。

大手町付近はまだまだ未開の地。
色々訪問してみたいが、この暑さがひと段落した秋くらいにしよう。。。

総点:70点

| | コメント (0)

麺レポ<瓦家>

店名:瓦家

場所:京浜急行 大門駅から芝大門のほうへ徒歩2分

食べたメニュー:Aセット(らーめん、餃子3個) (1,000円)

総評:最近よく行く大門界隈で「大斗」の3軒隣のラーメン、餃子の店。

大斗が物凄く混んでいたので、今日は並ぶのを諦めてこちらへ。
20080723_1 
全くと言っていいほど混んでない。

店内は全てカウンター席。
広々していて開放感すら漂う。
(ラーメン屋にしてはどうなのかしらと思うほど)

注文は事前食券制。
この大門界隈のラーメン屋はサラリーマンで賑わうためか回転率を少しでもよくしようという意図か、たいがいの店が食券制だ。

今回は、麺と餃子3個付きの「Aセット」をチョイス。
麺はラーメン、ワンタン、つけ麺からチョイスできるが、今回は無難にラーメンを選んだ。
20080723_2 

麺は細麺。
チャーシューが大好きな「味軒」のチャーシューにそっくりだったのが感動。
ってか昔懐かしい今時では珍しいくらいの東京ラーメン。
鶏がら醤油のあっさりスープ。

そしてこの店のウリでもある餃子。
20080723_3 
肉汁たっぷりで食べ応えばっちり。

ただ単品で餃子を頼むと950円という高値。
いったい何個入っているのかしらないけど、ちょっと抵抗感ある値付け。
Aセットの他にもB、C、D、Eとあるが、Eセットは2,000円近いメニューでランチ時にはどうなんだろう。と思った。

後輩がチョイスしたつけ麺は中華料理屋のチャーハンにくっついてくるスープみたいだったけど、けっこう美味かったのとこと。
今度はそっちも食べてみたい。


総点:80点

| | コメント (0)

麺レポ<らーめん 福気>

店名:豚骨醤油らーめん 福気(ふっき)

場所:京浜急行 大門駅から芝大門のほうへ徒歩2分

食べたメニュー:黒福(900円)

総評:最近よく行く大門界隈で「大斗」と「はぐれ星」のちょうど中間くらいにある豚骨醤油の店。

ここもまた昼時ともなればいっつも10人ほどの行列。
20080722_1
今日もけっこう混んでたなぁ。

カウンター席が8名、テーブル席が8名ほどの狭い店内。

注文は事前食券制。
この大門界隈のラーメン屋はサラリーマンで賑わうためか回転率を少しでもよくしようという意図か、たいがいの店が食券制だ。

今回は、全部入りの「黒福」をチョイス。
20080722_2

麺は太めで縮れ系。
いささか喜多方らーめんっぽい麺だ。
量はちょうど良いくらい。200gくらいかな。

この「黒福」のトッピングはチャーシュー、メンマ、、ほうれん草、煮卵、そして豚の角煮。
この角煮がなかなか味が染み込んでいて、なおかつとろ~んとしてて美味。
20080722_3

そしてたっぷりと入った白髪ネギがタレと絡ませてあってこれもインパクトがあったなぁ。

メニューはその他にもつけ麺や季節限定の冷やしつけ麺がある。
今度はそっちも食べてみたい。


総点:85点

| | コメント (0)

麺レポ<らぁめん さなだ>

店名:らぁめん さなだ

場所:市原市五井 サンクス五井南海岸店隣(16号沿い) 

食べたメニュー:とんこつ醤油(680円) + とろ肉ごはん(450円)

総評:今年の初めごろOPENした女性3人で切り盛りするアットホームなラーメン屋。
美味いとの口コミを頼りに車でわざわざ来店。

16号沿いコンビナートが始まるところくらいに看板が見えてくる。
20080720_1 

店内はテーブル席が6つとカウンター6席でかなり広くて、小ぎれいな印象。

事前食券製で、サイドメニューが豊富。
さっそく「とんこつ醤油」らーめんと、サイドメニューとして「とろ肉ごはん」をチョイス。
20080720_2 

麺は中太麺でデフォルトでカタメ。
カタメは好きなのでGood。

大判のチャーシュー、海苔、メンマに加え、しゃきしゃきしたネギがたっぷりと。

そしてスープはけっこうギトギト背脂系。
最近、原点回帰で背脂系が好きになってきたので、なかなか好みの味だ。
ダシもしっかり取れているし。

ただ、ちょっと量が少ないかなぁ。


なので、サイドメニューとしてつけたこのとろ肉ごはんは当たりだった。
20080720_3
柔らかくてとろーり溶けちゃうチャーシュー丼。
油っこさを全然感じなかったなぁ。付けダレが美味いのか、肉自体が美味いのか。
激ウマだったhappy01

わざわざ足をのばして来る価値はあったかな。
また来たいと思う。

総点:90点

| | コメント (0)

麺レポ<ラーメン二郎 八王子野猿街道店2>

店名:ラーメン二郎 八王子野猿街道店2

場所:京王線 京王堀之内駅から北側に徒歩8分くらい

食べたメニュー:小ぶた(700円)

総評:言わずと知れたラーメン界の重鎮。
関東を中心に数十軒あるけど、個人的には三田本店、環七一之江店、亀戸店に続き4店目の来店。

京王堀之内駅から徒歩8分と書かれていた割には炎天下の中歩いたせいでもうちょっと遠く感じられた。

野猿街道を東にテクテク歩いていると、出たー。
「二郎」のデカい看板が。
20080719_1

店内は他の二郎より広くて、小ぎれいな印象。
特に本店は足の裏がベトっとする感じがするけど、ここは店自体が新しいのか、(二郎には似つかわないw)清潔感がある。

今回は激烈に空腹だったけど二郎の怖さは充分に心得ていたので「小ぶた」で野菜、アブラ、ニンニクの増量は一切なし。
ジロリアンにしてみれば、小心者と呼ばれるかもしれないdespair
20080719_2

まぁただでさえこの小ぶたでも麺は300gあるし、野菜はてんこ盛りだし、それで充分。
(麺が見えないでしょw)

麺は下のほうに隠れている。
こんな感じで太麺。
20080719_4

それでも周りの学生グループの若者たちは、野菜マシマシとか小ぶたダブルとか注文してた。やっぱ若いってすげぇ(笑)

初めて三田本店で喰った中学生のころ。
この食い物はいったいなんだ~?
と幼心にそう思ったっけ。
(巷じゃ二郎を「ラーメン」と呼ばずに「二郎」という食品群に部類する人たちもいるし)

入店した時間が良かったのか。
郊外という土地柄なのか。
並ばずにあっさり入店し、あっさり席につけたけど、食べ終わる頃は店の中に10人くらい、店の外に5、6人くらいの行列が出来ていた。
20080719_3
平日は中央大学の学生たちでごった返すんだろうなぁ。

やっぱり食べ終わった後の満腹感が半端じゃなかった。
う、動けない。。。


総点:90点

| | コメント (0)

麺レポ<北海道らーめん 神居(かむい)>(2)

店名:北海道らーめん 神居(かむい)

場所:東京メトロ 行徳駅から海側へ徒歩5分

食べたメニュー:オロチョンらーめん(800円)

総評:2006年にオープンした北海道らーめんの店。
先日の初来店から3日。
また来ちゃいました。(笑)

今日もマイ箸を持って来店。
(マイ箸持参だと 「味たま」「コーン」、「バター」のどれか1品を付けてくれる。)


前回は、「つけ麺(味噌)」を食べたので、今回はちょいと辛口な「オロチョンらーめん」チョイス。
20080718_1

つけ麺よりクリーミーで濃厚な味噌のスープに、たっぷりのモヤシとピーマン、しゃきしゃきなネギなどの野菜、そしてゴロっとしたチャーシュー。
つけ麺のチャーシューは薄く平べったいものだったが、このチャーシューは分厚く角切りだった。味がしみ込んでいてウマー。

麺はこれまたつけ麺の麺とは異なり、少々縮れ系。。


マイ箸持参によるトッピングは今回もまた味たまをチョイス。
20080718_2
このとろ~り感。
う~ん、美味。

ちなみにランチタイムは「バクシャリ」と呼ばれる麦ご飯が無料でサービス。


つけ麺のほうが個人的には好きかな。
でもこれはこれで美味かったぁ。
辛いの最近好きだし。
今度は「冷やしつけ麺」なるものを食べてみたい。


総点:90点

| | コメント (0)

家電レポ<ドラム式洗濯乾燥機 M-WD86B 使用感レポ>

以前書いた無印良品のドラム式洗濯乾燥機 M-WD86D

ここ最近、見ず知らずの方から問い合わせが2件あった。
内容はいずれも「使い勝手はどうですか?」と言ったもの。

ということで、良し悪しも含め、レポしようと思う。

まずは、以前使っていたただの全自動洗濯機との比較から説明しましょうか。

●音
ネットでの評判だとうるさくて夜洗濯できない、とか下の階の人から苦情が来るのでは?と言ったマイナス評判が多かったが、使ってみると確かに音はするけども、以前と比べれば静かになった。
前のがうるさ過ぎたのかもしれないけど、洗濯機ってあぁいうもんでしょ、ってな感じ。

ということで、評価は「○」。


●汚れの落ち具合
これはあまり気にならないというか気にしたことがないというか。
普通に落ちていると思われる。
シミが全然取れてないじゃん、てなこともないし。
しかも叩き付け洗いというドラム式ならではの洗濯の仕方がいかにも汚れを落としている感じでグゥgood

ということで、これも「○」。


●水道代
これは圧倒的に特記すべき点だ。
平置き式の普通の洗濯機に比べ格段に水の使用量が少なくて済むようになった。
風呂水の使用が洗いとすすぎの1回目だけ(洗いだけの選択も可)なので、最終すすぎも無駄なく風呂水を使って欲しいところだが、水道の蛇口から使う水の量も格段に少なくなった。水道代にも顕著に表れている。

これは文句なしに「◎」。


●洗濯時間
これは、逆に1.5倍くらい伸びた。
今までだと、自動にすると、洗濯の量を問わずだいたい30分くらいだったが、45分前後までかかるようになった。
20080716_1
すすぎが最終すすぎも含め3回やる(「早洗い」モードにすると2回とかになるのかな)ので、時間をかけて念入りに洗濯するようだ。

これに関しては及第点としよう。ということで、「△」。


●電気代
乾燥機能を使うと、「えっ、そんなに?」と思うくらい長時間の乾燥モードへ突入。
どんなに量が少なくてもだいたい3時間くらい。
寝る前に洗濯しても終わった後にドラムのふたを開けないと蒸れてしまうので、眠れないじゃんdespair
そして3時間強力ドライヤーをかけている感じとなるので、もちろん電気代は馬鹿になりませんね。

ということで、「△」。


●その他機能
圧倒的に機能が増えた。
「ホットミスト」洗いや、「念入り」洗い。
まぁもちろん「乾燥」機能が一番大きいかな。
20080716_2

ただ上記でも書いたけど、乾燥機能を使うと電気代はかかるけどね。
でも梅雨時なんかはめっちゃ重宝。

あとこれは最近の洗濯機でもお馴染みとなった洗剤を入れるところ。
20080716_3
粉石鹸、柔軟剤、漂白剤の入れる場所は各々別れていて、絶妙なタイミングでそれらを水に溶いてくれる。
これは機械ならではって感じのうれしい機能。

ということで、「◎」。



買って良かったと自信を持ってオススメできる家電だと思います。

| | コメント (0)

麺レポ<北海道らーめん 神居(かむい)>

店名:北海道らーめん 神居(かむい)

場所:東京メトロ 行徳駅から海側へ徒歩5分

食べたメニュー:つけ麺(味噌)(800円) + バクシャリ(麦割ごはん)(無料)

総評:2006年にオープンした北海道らーめんの店。
この辺りはバイパスのラーメン街道と交差する行徳駅前通りで、第2のラーメン街道の形相で、「」や「タンク」などお気に入りのラーメン屋もひしめく激戦区だ。

なかなか美味いとの口コミを頼りに振休を利用してさっそくリサーチを兼ねて来店。

20080715_1

カウンター席が6、7名のみの狭い店内。

メニューはさほど多くないが、こんな感じ。
20080715_2
今回は、普通に味噌ラーメンを食べようと思ったが、思いの他、外が暑く汗だくだったので、「つけ麺(味噌)」をチョイス。

愛想の良い店主(40歳弱くらいか) が手際よく麺を茹でて、水通し。

スープはモヤシと玉ねぎたっぷりのちょい辛な味噌スープ。
20080715_3
シャキシャキなネギもよく合う濃厚かつクリーミーな味噌スープはこくがあってかなり好きな味だ。
が、冷たいスープを期待していただけに、熱々さに驚愕wobbly

麺はさほど太くない。そして自家製麺ではなかった。
20080715_4

この「つけ麺」のトッピングはチャーシュー、味つきメンマ、ワカメ、ナルト。
量は多からず、少なからずと言った感じ。

特記すべき事項として、マイ箸サービスというものがあり、エコ対策として自分の箸を持参した客には「味たま」「コーン」、「バター」のどれか1品を付けてくれる。
これはなんともありがたいサービスだ。
(他の店も見習って欲しいね。)
今回は味たまをチョイス。
これも味が濃くって美味。

ランチタイムは「バクシャリ」と呼ばれる麦ご飯が無料でサービス。
20080715_6

量は半ライスって感じだけどサービス心はうれしい限り。
20080715_5

最後にスープをかけて食べるいつものパターン。
美味しかったなぁ。



近所にまた新たな美味い店を発見。
タンクの評価が最近、下降気味であるが故。
ちょいとはまりそうだ。

あ、味噌と言えば、次は「田所商店」だなぁ。
来週あたり行ってみよっと。


総点:90点

| | コメント (0)

麺レポ<麺屋 はぐれ星>

店名:麺屋 はぐれ星

場所:京浜急行 大門駅から徒歩3分

食べたメニュー:特製みそつけめん

総評:2008/4/3にオープンした店。

もとは「チャーシュー屋」があった立地の良い場所に満を持してオープン。

昼時ともなれば10人以上の行列。
カウンター席が10名、テーブル席が8名ほどのさほど広くない店内。

注文は事前食券制。
この大門界隈のラーメン屋はサラリーマンで賑わうためか回転率を少しでもよくしようという意図か、たいがいの店が食券制だ。

今回は、店内の張り紙にお勧めとうたわれている「特製みそつけめん」をチョイス。

スープは青ネギがたっぷりのWスープ。
20080709_1
どちらかというと魚系のダシのほうが強いか。
まぁ流行りっちゃぁ流行りかな。

麺はあの浅草開化楼の製麺で太め。
20080709_2

この「特製みそつけめん」のトッピングはチャーシュー、メンマ、、味がついてないゆで卵半分。
そして麺が300gと、ちょっとボリューミー。
でも近くの「大斗の特製もりそば中盛」と比べてしまうとコストパフォーマンス的に見劣りを感じてしまう。
「大斗」は中盛で450gあるからねぇ。

テーブル中央には追加の魚粉とタマネギのみじん切り、そして辛みそラー油が備えられており、好きなだけ入れることができる。
麺を半分食べ終えたところで、これらの追加調味料を全て少量ずつ入れてみた。
結構辛みそラー油が思ったより辛く、でも個人的に好みの味となり、もっと早く入れるべきだったと後悔sad

最後にスープ割りをいただき、このスープ割りがかなり美味しかった。

けど麺の上に乗る主役級の具たちの味が簡素でイマイチかな。


メニューはその他にも醤油味のつけ麺や季節限定の冷やし麺系がある。


総点:75点

| | コメント (2)

麺レポ<麺屋 大斗>(3)

店名:麺屋 大斗

場所:港区 芝大門

食べたメニュー:特製もりそば中盛(880円)

総評:京浜急行大門円から徒歩2分くらいのラーメン屋。

今日は夜の部、お初。
さすがに夜21時過ぎにはもう空いているだろうと思いきや、何気に並んでた
20分ほど待たされてようやく店に入れた。

先日はもりそば中盛を食したので、今回はリッチに「特製もりそば中盛」。
20080708

3枚のチャーシューとメンマが仰山。
それをサイドから支える脇役のナルト、ネギ、海苔たち。
そしてなんと言っても美味かったのが、味玉。
中まで味が染み渡っていて、それでいて半熟。
なんとも芸術。
この味玉だけでご飯を1杯食える自信がある。それくらい美味かった。

麺はもちろんスパゲッティ並の太麺ストレート。
モチモチとした食感。
らーめんの場合、縮れでも良いかもしれないなぁ。

今日は頑張れば大盛(麺600g)はイケたかも。
いや、むりだったろうな。(笑)

総点:90点

| | コメント (0)

家電レポ<ソフトバンク携帯 922SHでGmail>

ソフトバンク携帯のインターネットマシン922SHを購入してから数ヶ月。

インターネットマシンというくらいだから、インターネットをしなくちゃcoldsweats01
と思いつつ、ほとんどメールマシンになりつつある今日この頃(笑)

実際パソコンにおいてもインターネットするって言っても決まったサイトしか見ないし。
その中でもGoogleカレンダーGmailは多用する。
最近、Palmやシステム手帳が無くてもこれらのツールで充分。
世の中便利になったもんだ。
ただし外出先でこれらを使えたらもっと便利だな、と思いつつなかなか実験できず今日に至る。

残念ながら、Googleカレンダーは表示の問題で今日時点(2008.07.06)では使えない。

ということで、今日は922SHでGmailの送受信ができるか、の実験をしたのでレポします。


---

そもそも最近のソフトバンク携帯は、PCメール(≒Webメール)のアカウントを取り込んで携帯で送受信が可能らしい。
なにせ久しぶりの機種変更だったので、その辺の文明の進化に疎くてsad

さて、順を追って実験してみよう。

まず、
①922SHのパネルを開いて、mailボタンを押し、メールを起動する。
20080706_01
いつものメールメニューの画面が開く。

次に、
②右側の「設定」を選択し、Enter。
20080706_02

③「PCメール設定」を選択し、Enter。
20080706_03

④「PCメールアカウント設定」を選択し、Enter。
20080706_04

PCメールのアカウントは最大3つ設定できる。
例えば、Yahooメール、Gmail、Hotメールなど。

⑤一番上の「<未登録>」を選択し、Enter。
20080706_05

⑥「表示名設定」を選択し、Enter。
20080706_06

⑦今回は「Gmail」という表示名にする。
20080706_07
入力したら、Enterで完了。

⑧「表示名設定」にGmailと表示される。
20080706_08

次に受信設定をやってみる。
⑨「PCメールアカウント設定」において「受信設定」を選択し、Enter。
20080706_09

⑩以下のように設定する。
20080706_10
ユーザ名:Googleアカウント(Gmailメールアドレスの@の前)
パスワード:Googleアカウントのパスワード
受信メールサーバー:pop.gmail.com
ポート番号:995
受信認証方式:標準

次に送信設定をやってみる。
⑪「PCメールアカウント設定」において「送信設定」を選択し、Enter。
20080706_11

⑫以下のように設定する。
20080706_12
送信者名:メール受信側で何と言う人からのメールか表示させるので、名前とが良い。
メールアドレス:Gmailのメールアドレス
送信メールサーバー:smtp.gmail.com
ポート番号:465
送信認証方式:SMTP認証

⑬メールメニューに戻り、「新着メール受信」を選択する。
S!メール」の他に「Gmail」が候補として現れる。
20080706_13

⑭「Gmail」を選択したまま、Enter。
20080706_14
何やらGmailのサーバにメールを取りに行っている様子。

⑮Gmailサーバに溜まっているメールを受信し始めた。
20080706_15

⑯メールの「受信ボックス」に「Gmail」というメールフォルダが作成され、そこにメールが来ているのが分かる。
20080706_16




以上で完了。


---


あっさり成功したscissors


ちなみに922SHを使ってGmailでのメール送信をすると、Webで見ているGmailの送信済みメールボックスにちゃんとその内容が反映するんだよねぇ。ちょっと感動happy01
なので、完全連動が可能だね。
これでいちいちパソコンを開いてGmailする必要がなくなった。
うれちぃ~happy02


Googleカレンダーも922SHで見れるようになるとホント助かるんだけどなぁ。
なんとか近いうちに見れるようにしてもらいたいなぁ>Google? or Softbank?

| | コメント (0)

家電レポ<スゴ録 RDZ-900A(ソフトウェアバージョンアップ)>

スゴ録は、ソフトウェアのバージョンアップファイルを自動的に受信し、自動的に更新してくれる。
寝ている間に小さな小人さんたちがぜ~んぶやってくれる感じでなんとも楽チンnote

ちなみに受信が始まると、↓このように前面パネルに文字が浮かぶ。
20080705_1

そしてこの間、リモコンを含め、操作が効かなくなる。
(まぁこの間、操作されては正しく更新できなくなっちゃうので、スゴ録側でそうしているのだろう)

そして、めでたく更新が完了すると、メール通知が飛んできて。
20080705_2
ちゃんと更新できたことが確認できるのである。


今回のソフトウェアバージョンアップは残念ながら例の「ダビング10」対応のものではないらしい。
一応、RDZ-900Aは「ダビング10」対応機種であるので、早くバージョンアップされないかなぁ。
告知ではブルーレイBDZシリーズは7月上旬、スゴ録のRDZ-900A/800/700は7月中旬らしいが。

まぁ我が家の場合、録画するものはほぼWOWOWなので、「ダビング10」の恩恵は受けれないんだけどね。
(WOWOWなどの有料チャンネルは今まで通り「ムーブ」なので、PSPやCPRM対応のDVD-Rにコピーすると、スゴ録から無くなってしまう)

ダビング10対応されたらまたレポします。

| | コメント (0)

家電レポ<ソニスタ Style Member Programの改定>

ここんとこ原油高のせいでガソリンが高騰、小麦などの原材料の高騰で食品全体が値上げ、と消費者を苦しめているが、ソニースタイルの Style Member Program も負の方向に大幅に変わった。

我が家はこれまでVaioや、ハンディカムなどソニースタイルをかなーり愛用し、数々のソニー製品を購入してきた。
にもかからず。
悲しいお知らせのメールが。(ToT)

その悲しい内容とは。。。

まず第一に、
①AV製品購入のクーポン値引き率の改定

↓以前のクーポン内容
20080702_0
以前は手持ちのSTARの累積数と直近のSTARの獲得数に応じて「AV15%OFFクーポン」が発行されていた。
まぁ半年に1回(1枚か2枚)の発行だったけど、家電製品ってそんなに頻繁に買わないし、使わずにスルーしていたのがほとんどだった。
それが今回の改正で、15%OFFだったのが10%OFFになってしまった。
20080702_1

↓今回のクーポンの内容
20080702_3 
定価(≒メーカー小売価格)の15%OFFだと、新発売の機器とだいたい同額。
しかも一般発売日より前に入手できるし、3年の無料保証、送料無料と言ったサービスも付くし、ソニーカードのソニーポイントも使えるのでので損得勘定したら、ソニスタで買ったほうが断然お得だし、おりこうさんなんだよね。

それが10%OFFだけの値引きでは普通の家電量販店で買ったほうがお得だよ。orz

さらに発行が3ヶ月毎と、頻度が上がるんだと。
なので年4回の発行となった。
20080702_2
そんなに家電製品買わないっちゅーの。


②送料無料クーポンの配布の廃止
5,000円以上買うと送料無料になるらしいけど、たいがいのものが5,000円以上はするので、これは良いとして。


③10000STAR以上のお得意様特典の廃止
これまで10000STAR以上のお得意様には、SONYの歴史を紐解いたカタログブックプレゼントや新製品体験プログラムの無料招待などのおいしい特典があったのに、それも廃止。
頑張って10000STAR目指す楽しみも無くなった。(ToT)


とまぁなんとも悲し過ぎる内容。


特に①のインパクトがデカ過ぎて、たぶんこれまでソニスタで購入していたユーザは一気に家電量販店に流れるだろうなぁ。
ってかソニスタで買う人って誰も居なくなっちゃうんじゃないか??と思うよ。マジで。


もう声を大にして言いたい。
ソニーさん、この戦略は間違ってますよ!!
と。

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »