« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

麺レポ<いなばのしろうさぎ>(3)

店名:いなばのしろうさぎ
場所:君津市南子安

食べたメニュー:うららわんたん(750円)

総評:3回目の来店。

たくさんあるメニューの中から、今回は、秘伝のスープを使ってないという「うらら」のワンタンメン版。
20080525   

柔らかい皮に包まれたワンタンがゴロゴロ入っている。
その他に煮玉子(味はさほど濃くない)、細いメンマ、そして小ネギ。
そして竹岡式を彷彿とされるような刻み玉ねぎ。

麺は、このしょうゆラーメンに合わせて細ちぢれ。
(味噌は太麺)

う~ん、やはりここの店は「味噌」かな。

そして相変わらずフォンドボーカレーは絶品だ。
ハーフサイズをぺろっと食べちゃったけど、大幅値上げ(480円⇒600円)にはちと残念。



総点:80点

| | コメント (0)

麺レポ<日高屋>

店名:日高屋
場所:水道橋

食べたメニュー:とんこつラーメン 半チャーハンセット(760円)

総評:東京ドームシティ横にあるラーメンチェーン店「日高屋」に行ってみた。
とかくこのようなチェーン店系は避けてきたが、子供の「ここがイイぃ~」という駄々から(笑)。

ハイデイ日高が経営するこの「日高屋」は都内だけでも100店舗近い店舗数。
でも今回が初めての入店。
ちょっとどきどきしてしまう。

店内は清潔な感じ。
接客する女性は全て中国人だった。
どの客に対しても「餃子はつけるん?」と聞いていたのが印象的。


今回注文したのはとんこつラーメンに半チャーハンと餃子5個がセットになったお得なもの。腹も減っていたし、ちょっとボリューミーなものが食べたかったから。
餃子自体、単品で160円という安さだし、ラーメンも390円。
価格破壊というか、利益ギリギリでやっているんだろうなぁ、とちょっと台所事情を気遣ってしまう。


麺類のメニューは豊富。
しょうゆ、味噌、とんこつ、に坦々麺、タン麺、つけ麺。

そしてさらにニラレバ定食や、生姜焼き定食、野菜炒め定食など、定食系のメニューもある。しかもどれも5、600円とリーズナブル。
ラーメン屋といいつつ、中華料理の部類なのでは。。。。

さて、注文して5分ほどで出てきた。
20080518 

チェーン店、そして安価な価格設定の店にしてはしっかりとした具の量。
10円プラスでしょうゆからとんこつに変えられるのであれば、このとんこつはかなりお得。
味も悪くない。むしろなかなか美味いかも。

しかし、(写真には写ってないが)チャーハンが味が薄く、2割くらい食したところで、とんこつのスープをかけて食べた。
ネコマンマのごとく、さらさらと食べたが、これはなかなかの味の組み合わせ。
こうすることで以外とコクのあるチャーハンができあがった(笑)。

餃子はちょっと冷凍モノを解凍したって感じの皮だったのが残念。
コストパフォーマンスも悪くないし、家族でお出かけぇ、なんて時には良い店だと思う。

総点:75点

| | コメント (0)

麺レポ<明日香>

店名:明日香
場所:八千代市勝田台(北口徒歩2分)

食べたメニュー:ざるラーメン(525円) + 餃子セット(367円)

総評:   最近、勝田台に来ると、「丸長」がお決まりのコース。一昨日も来たのだが、また違うメンバー(未食メンバー2名)だったということもあり、「丸長」に行ったのだが、土曜の昼時真っ最中。店主から「あんたらが食べられるのは1時間後だね」と言われ、あえなく断念。
仕方が無いからと言っては失礼だが、近くの「明日香」へ。

この店自体、5年前くらいには何回かランチで来たことがあるが、まぁ普通の中華料理屋さんって感じは否めなかったけど、さて5年経ってどう変わったんだろうか。
レポートしてみたいと思う。


店は勝田台駅(京成でも東葉高速鉄道でも) の北口から徒歩2分くらいのところにある。
学生セットなるお得なセット(高校生に限り下校時の来店に餃子2個とライスが無料で付くというもの)があるが故、学生には絶大な人気を誇っている。
そこは今も昔も変わらない。

今回は土曜日だったとうこともあるし、お昼時ってことで学生はほとんど居なかった。
というかお客自体もまばら。


中華料理屋さながらメニューは豊富。
辛いラージャン麺を注文しようとしたが、餃子セット(餃子5個+半ライス、ザーサイ)が気になったので、麺自体を軽めの「ざるラーメン」にして餃子セットとくっつける作戦。
周りはみんな辛味噌ラーメンを頼んでいた。辛さをS、M、L、LL、3Lと調整できるらしい。

さて、ざるラーメンが到着。
20080517
つけダレはしょうゆテイストか胡麻テーストをチョイスできるのだが、後者を選択。
具は別の皿に盛られて、好きなようにつけダレに投入できるシステム。
チャーシューは黄色がかっていて鶏肉かと思った。(笑)
(ホントは豚肉よw)

麺はストレートの中太麺。
オーソドックスな味とオーソドックスな茹で具合。
これと言って特徴なしといったほうが正解だろうか。
ついつい丸長のつけめんと比べてしまうがそれは中華料理屋とラーメン専門店の違いってことでご愛嬌。

タレを漬けなくても初めっから味が付いているという餃子はなかなか美味かったなぁ。

総点:70点

| | コメント (0)

麺レポ<末広>

店名:末広
場所:江東区東陽町

食べたメニュー:味噌ラーメン(750円)

総評:   勤務地である東陽町に異動してきてさっそく歓迎会をやってもらったのが、この「末広」。
そのときは宴会の締めのメニューとして食べた看板メニューの味噌ラーメンだったが、寄っていて味がよく分からなかったので、昼間にリベンジ。

店としての看板がなく、場所が非常に分かりづらい。
20080514_1_2 
にも関わらず、その人気はとてつもなく昼休み中盤の12:30に訪れたが、15名ほどの行列。

階段を登ると真正面に8人座る事が出来る丸テーブルと奥に座敷がある。座席は夜の宴会場となり、10名から餃子、八宝菜などの中華料理のコースでもてなしてくれる。

注文を取るのは、全ておばちゃんたち。
とりあえず看板メニューの「味噌ラーメン」。
味噌チャーシューにしようか迷ったが、チャーシューがどんなんだか不明だったので、あえて控えめに。
20080514_2
ただ、自分より後に座った人たちはみんな味噌チャーシューを注文。
ちっ、失敗したかなとちょっと残念。

比較的すぐに(10分くらいだったかな)、「はい、お待たせー」とともに味噌ラーメンが到着。
まずは、スープを一口飲んでみると、優しい感じのクリーミーテイスト。
最近、辛いラーメンにはまっていただけにそのギャップをちょっと感じた。

具はモヤシと豚挽肉のみ。
いたってシンプルで江戸川区小岩の「アカシヤ」を思い出す。
(まだアカシヤあるのかな。。。)

一見少なそうに見えるこのラーメンも想以上のもやしの量に、食べ終わってけっこうな満腹感。
飽きのこないスープだったけど、いかんせん周りの人のチャーシューがすこぶる美味そうだった。orz

一応、チャーハンとかニラレバ炒め定食だの普通の中華料理屋として営業しているが、味噌ラーメン以外注文している人が居なかった。
20080514_3
であれば、「味噌ラーメン専門店」として看板を引っさげてやっていったほうがなんとなくいいかなぁと。

激戦ひしめく東陽町では上位にくる店であることには間違いない。
美味きゃったぁ。

総点:90点

| | コメント (0)

家電レポ<スゴ録 RDZ-D900A(DVD-Rへムーブ編②)>

前回のスゴ録からDVD-Rへのムーブ実験の続き。

我が家のVaio
実家のVaio
実家のDVDプレーヤー
先輩のパソコン
先輩のPlayStation2

どれも見れませんでした。

結局、ドライブがCPRMに対応してないとダメらしい。

しばらくはVaioへ転送して、編集、ダビングって流れかな。
めんどいけど致し方ないか。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »