« 12人の優しい日本人 | トップページ | 日帰りドイツの旅 »

就職活動、その日から

11年前の今日、3月20日、とても晴れて穏やかな日だった。
忘れたくても忘れられぬ。
この日は、就職活動を始めた最初の日だった。

大学3年の後期も終わりちょうど春休み中だったが、4月から本格化する就職活動を前に予行練習感覚でちっさな企業のセミナーに参加しようと早起きして、真新しいリクルートスーツに着替え、朝のトーストを頬張っていた。

その会社は目黒に本社があった。
それまで目黒方面にはあまり足を踏み入れたことはなく、えきすぱーとかなんかで調べて営団地下鉄日比谷線で行く予定でいた。

「じゃぁ、ちょっくら行ってくるわ」と言い残し、家を出ようとしたその瞬間、母親が呼び止めた。
「なんか、都内の地下鉄が軒並み動いてないみたい。テレビ速報のテロップが出てるわよ。」と。。。

そう、その日はあの地下鉄サリン事件の日だったのだ。
日比谷線はもちろん、営団、都営、全域に渡っていたるところでサリンがまかれた歴史上類を見ない事件の日だ。

あの日、もう少し早く家を出ていたら。
あの日、地下鉄に乗っていたら。
今、この世にいなかったかもしれない。
当時自分がバイトしてた企業の社員は総勢12人、その事件の犠牲となった。

その日は結局、JRとバスを使ってセミナー会場まで行った。
事前におそらく遅刻するであろうと電話で連絡しておき、なんとか到着。
だが50人集まる予定だったそのセミナーは結局自分を入れて5名ほど。
セミナーなのにその日のうちの内定が出た。(面接すらしてないのに)
もちろん入社する気はなく、仕方ないけど辞退。
初日からなんかその後の就職活動の茨の道を暗示していたかのように、決して縁起の良い日ではなかった。
その後、ものすごく内定をもらうのに苦労し、夏真っ盛りのころに某ゼネコンの内定をようやっともらい、そこに就職した。

その2年後の3月20日、現在の会社の元人事部長に声をかけられ転職の内定をもらった。

なんの因果か分からぬが、今日3月20日、昨年に引き続き学生相手のリクルート面接官に指名された。
自分の就職活動の思い出と照らし合わせて、そんなセンチな想いに浸った一日。

|

« 12人の優しい日本人 | トップページ | 日帰りドイツの旅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

3月20日って特別な日ですね。
私個人にとっても、だいぶ前の3月20日は結構忘れられない日なんですよ…。(悪い意味でですね)
今年は穏やかに過ごせて良かったです。

投稿: アヤコ | 2006年3月21日 (火) 16時53分

そっかぁアヤコさんにとっても3/20は特別なんですね。
つかの間の5連休を楽しんでください。

投稿: To アヤコさん | 2006年3月21日 (火) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41700/1107702

この記事へのトラックバック一覧です: 就職活動、その日から:

« 12人の優しい日本人 | トップページ | 日帰りドイツの旅 »