« 宇宙刑事ギャバン | トップページ | 春なのに。 »

けものみちぇ

20060328

けものみちの小説を読んだ。
このあいだやってたドラマとはまた話の展開、ストーリー、登場人物がけっこう異なり、それはそれでまた楽しめた。
まぁ時代背景が40年くらい異なるせいもあるけどね。

しっかし上下巻で900ページ以上あり、なかなかの読み応えだったね。
さすが松本清張。

同じ松本清張作品でも個人的にはこの「けものみち」より「黒革の手帖」のほうが面白かったな。ドラマの出来によるところもあるけど。
次は「点と線」あたりのドラマ化かな。と勝手に予想してみたり。

|

« 宇宙刑事ギャバン | トップページ | 春なのに。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

松本清張ミステリー・・・・とか
松本清張サスペンス・・・・とか
よくドラマ化されるよね・・
最近のドラマの傾向と、
砂の器のSMAP関連からすると・・・
確実にジャニーズがどっかに絡むと思われ
まあ、高峰三枝子の代りはジャニーズには
無理だけどね( ̄ー ̄)

投稿: ノブ | 2006年3月29日 (水) 08時41分

高峰三枝子の代りはまた米倉じゃないにょ。
あ、忘れましたがたんおめ。

投稿: To ノブさん | 2006年3月30日 (木) 00時37分

この記事へのコメントは終了しました。

« 宇宙刑事ギャバン | トップページ | 春なのに。 »