« 2003年5月 | トップページ | 2005年2月 »

六本木に思うこと

今日は昼間に六本木へ。
もちろん遊びじゃなく仕事で。
昨日から始まった証券会社への端末セットアップ作業でメンバー総動員で各証券会社へ巡業中。
再来週までこのどさ回りは続くんだけど、昨日の自分の担当は木場にある外資の証券会社で今日も外資。
今日行ったところはホント外資色が濃く、セットアップしたPCがあるところはアーク森ビルだったんだけど、フロアは全員外国人。
久しぶりに外人と英語でコミュニケーションをとったけど、そこのフロアは特有な外国人の匂いとスターバックスのドリンクLサイズ、サンドイッチなど
が机に置かれ、なんだか海外旅行をしている気分になってしまったよ。
というか海外旅行したくなった。
とにかくどこの外資の証券会社に行っても入館などセキュリティはもんのすごく厳しい。

さて、久しぶりに六本木に来たついでにラーメン「天鳳」でランチを食べた。
(詳細は麺レポにて)
何年ぶりだろう、たぶん19歳くらいに来たから10年以上ぶりだな。
相変わらずの人気で凄い混んでた。

もうひとつ六本木で思い出すこと。
それは就職活動中のこと。
役員面接まで行った某企業の最終面接と第一希望であった某通信企業の一次面接の日程が重なってしまい、でも一次面接のほうは午後13時~14:30まで六本木プリンスホテル、最終役員面接のほうは15:00から新宿住友生命ビルで移動時間を考えるととても微妙な時間。
しかたなく役員面接のほうをブッチして結局教授推薦だった通信企業のほうを選択
したんだけどそっちはあっけなく敗退。
そんなことなら15:00のほうの役員面接を選んでおけば良かったぁ(ToT)
と、苦い思い出。
ていうかこれってまさに人生の賭けだったなぁと今でも思う。
でもブッチしたほうは配属はたぶん秋田県とか言われていたし、行っていたらどうなっていたんだろう。
おそらく別の人生を歩んでいたんだろうなぁ。
なーんて、思ってみたり。
でも心底思うのは、そのとき大江戸線が開通していたら六本木から都庁前にある住友生命ビルまで余裕で間に合ったじゃんけ、ってこと。
当時は六本木から新宿っていったら一度目黒まで出て、そこから山手線で新宿まで行かなくてはならず、また新宿から相当歩かなくてはならなかったので泣く泣く断りの電話を入れたのよねぇ。
一晩悩んだ決断なので今でも鮮明にそのときの葛藤を覚えている。

今ではなんか知らんけど紆余曲折して証券システムのネットワークエンジニアしてる自分がいる。
人生ってどうなるかほんとわからんねぇ。

| | コメント (0)

麺レポ<天鳳>

20040224

店名
:天鳳

場所:六本木

食べたメニュー:一三五

総評:芸能人がよく出没する六本木では有名なサッポロラーメン屋さん。
札幌では有名なあの「西山ラーメン」の麺を空輸している。

スープは、醤油、味噌、塩の3種類。
トッピングは「チャーシュー」、サイドメニューは「ごはん」があるのみ。ランチはこのご飯が無料なのはありがたい。

客のほとんどが「一三五」と注文する。
一:麺かため、三:油多め、五:しょっぱい
でその逆が、「二四六」。
二:麺やわらかめ、四:油少ないめ、六:しょっぱくない

他にも究極の味「めんばり(おもいっきり麺かためで、油がおおくて、しょっぱい!)」というのがある。ちなみに、「めんばり」というのは本格的サッポロラーメンの店ならどこでもデフォルトな注文の仕方。

学生のころによく来たこの店も最近は昔ほど行列ができることはないけど、やっぱり美味いね。


総点:85点

| | コメント (0)

ZERO

今日はバレンタイン。
収穫ゼロ。
とほほ。

| | コメント (0)

« 2003年5月 | トップページ | 2005年2月 »